スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボリックシンドロ-ムについて

メタボとは、メタボリックシンドロームの略称で使われています。
蓄積した内臓脂肪のせいで、インスリンの働きの低下が起こり、糖尿病や高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症、高血圧などの動脈硬化の危険因子が、集まっている状態です。

例え一つひとつの危険因子の程度が軽微ても、危険因子が重複して存在すると動脈硬化性疾患の発症が相乗的に増加することになります。

高コレステロールに匹敵する強力な危険因子として、近年、世界的に注目されています。

内臓脂肪が蓄積すると、様々なアディポサイトカインという脂肪細胞から分泌される生理活性物質の分泌異常が生じ、そのためインスリン抵抗性や血栓が引き起こされる原因と考えられています。

アディポサイトカインの中でも、インスリンの働きを高めたりすることによって、抗動脈硬化作用があるアディポネクチンが、内臓脂肪の蓄積により著明に減少します。

この低アディポネクチン血症が、糖尿病や動脈硬化疾患の発症に直接関連している可能性があります。最近では、血液中のアディポネクチンが測定できるようになり、動脈硬化の危険性の判定に有用となっています。

スポンサーサイト

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : メタボ痩身 セルライト エステ 光痩身 ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。